ウーマン

会社の収益を上げるためにもラウンダーを活用しよう

流通の裏側を支える職業

男性

既に取引している店舗に直接足を運び、自社製品の陳列状況や販売数を確認し、商品売り上げ向上の為の助言や企画の発案を行う職業をラウンダーと言います。ラウンダーには高いコミュケーション能力、企画発案の為の柔軟な発想が求められます。これらのスキルはラウンダーとして経験を積むことで、徐々に向上していきます。

より現実的な改善のために

店舗

覆面調査は普段のお客として来店するため、自社スタッフによる調査とは異なり、現状がそのままの状態で把握できます。調査内容は目的に合わせてカスタマイズでき、客層の拡大にも役立つでしょう。調査結果は報告だけではなく、目で見て分かるように分析が行われます。

サービスを受けて収入に

女性

従業員の勤務態度や接客対応が気になる場合は、覆面調査会社を利用しましょう。調査結果を知ることで、自社の強みや弱みなどを把握することができます。また、課題点も浮き彫りになるので、会社を成長させるためにも利用できるのです。

市場における重要な役割

お店

店舗にとってもプラス要素

メーカーなど商品を販売する事を主な事業として行っている会社はラウンダーの存在が極めて重要になります。商品を販売する事を目的とする営業を配置している会社はほとんどなのですが、ラウンダーを適切に配置している会社はあまり多くありません。営業マンがラウンダーを兼ねることをするなどコスト削減しているケースが多くなっているからです。しかし一度店頭に陳列した商品が適切に販売されているかを確認することは今後の商品販売数にも影響が出るほど需要なのです。そのため、ラウンダーを配置して市場における商品の販売状況をウォッチすることは重要なのです。ラウンダーの仕事は、すでに商品を陳列している販売店を回ることです。適切な位置に商品が陳列されているかを確認したり、消費者の動向を確認したり、店舗における販売促進活動を行い、販売数を拡大できるように施策を行うなどします。この行為は、店舗における売上貢献にもつながるため、店舗からも喜ばれることが多くなっています。かつては、どの会社もラウンダーを配置しているため、店舗からは煙たがれる存在である事が多かったのですが、最近は、店舗の売上に貢献してくれるラウンダーの数が減少しているため、丁寧な扱いを受けることも少なくありません。そのため、大手のメーカーなどは、ラウンダーの数を増員して、店舗ケアに積極的になるようにしている会社も多くなっているのです。販売数の拡大は、メーカーで一番重要な存在なのです。

Copyright © 2017 会社の収益を上げるためにもラウンダーを活用しよう All Rights Reserved.